‘防災’ カテゴリーのアーカイブ

7月スタート

2021/07/04

1年の後半、7月のスタートは、梅雨前線の活動が活発になり、雨雲が発達し、梅雨最盛期の大雨になりました。

2日・23時07分、大雨警報(土砂災害)を発表。
3日・3時38分、千葉県土砂災害警戒情報・警戒レベル4相当情報(土砂災害)が発表され、東庄町も警戒対象地域となりました。
幸い大きな災害には至らず、3日・14時09分、大雨警報が解除。

千葉県東方沖を震源とする地震の発生もありました。
九州豪雨の発生から一年が経過、熱海市では、3日午前、大規模な土石流が発生、大変な被害となり、今も住民の方の救出、安否確認が懸命に続けられています。

今も梅雨明け前の大雨による災害がどこで発生してもおかしくない。
家の周りの点検、非常用品の準備や避難経路の確認など、最新の情報の確認とともに大雨への備えをしっかりと行うことが大事です。
町としても対応対策、備えを万全にしていきたい。

1日、県内で東京オリンピックの聖火リレー「トーチキス」が始まりました。
2日に幕張メッセ駐車場で行われた点火セレモニーには、本町在住の高橋邦彦さんが聖火をつなげました。
激励と見送りをさせていただきましたが、嬉しくて誇らしい気持ちに。

オリンピックまで19日。
大相撲名古屋場所の初日、毎夕の楽しみもできました。

自分自身にも気合を入れて頑張ります!

私にとっての7月は、地域の祭り月でもある。

■2019.7.27

残念なことに、今年も夏祭りは中止となりました。来年の祭り復活に期待。

30日、高校野球千葉大会(原則無観客)、甲子園を目指した戦いが開幕、雨天の影響で多くの試合が中止となっています。
一番上の孫(高校3年)が、小学校3年生から野球を続け、県立銚子高校の野球部に。
今年は、連合チームの選手として出場。
好きな野球を全力でプレーする選手たちを応援したい!

東日本大震災10年

2021/03/11

快晴、4月上旬並みの気温、おだやかな日になりました。

広島市では、桜が開花したとの発表もありました。

議会は、予算決算常任委員会。

午前11時、防災行政無線等「緊急地震速報」を合図に1分間の町内一斉シェイクアウト訓練(安全行動訓練)を実施。
まず、命を守る安全行動をとり、各家庭や会社などでいざというときの安全行動を確認する、訓練は大事です。

午後2時半、津波被害が甚大だった飯岡地区の海岸近くにある飯岡ユートピアセンターで開催された、千葉県と旭市合同の「東日本大震災十周年追悼式」に参列をさせていただきました。
地震が発生した午後2時46分、1分間の黙祷を捧げました。

追悼式後、旭市が10年の節目に建立した慰霊碑の除幕式が行われました。
石碑の裏面には「震災の記憶を後世に継承してまいります」と刻まれていました。
改めて犠牲となられた方々のご冥福をお祈りいたします。

■東日本大震災一周年追悼式

2012年3月11日、震災の爪跡の残る旭市・いいおかユートピアセンターで行われた追悼式に被災地(死亡者1人)の首長として参列。
「大地が揺れたらすぐ逃げろ より遠くへ より高台へ」
気仙沼で津波の慰霊碑に刻まれました。

東日本大震災から10年、被災地を思う合言葉は「絆」でした。
「絆」とは、人と人とを離れがたくしているものと。
そして、災害は毎年のように起こっています。
震災を通して学んだ教訓は、次世代へ伝えていかなければなりません。
ふだんの心の準備も大事。
町としても引き続き防災・減災対策に取り組んでまいります。

「梅の蕾(つぼみ)」
無医村に咲いた花 千葉から田野畑へ 医師夫婦の碑建立・岩手
作家・吉村昭さんの短編小説「梅の蕾(つぼみ)」。
岩手県の三陸海岸にある田野畑村に赴任した医師と夫人、そして夫婦を無医村に呼んだ村長の物語。
物語には、実話が多く書かれている。

人のために思いを貫く 人を愛する 思いは通じる 人は大事。  
物語に出会い、感銘を受けました。

東日本大震災から10年

2021/02/14

昨日・23時07分、宮城県と福島県で最大震度6強・マグニチュード7.3を観測した非常に強い地震がありました。

遅い時間でしたが、居間の炬燵でテレビを見ていました。
少しの揺れを感じたところに緊急地震速報「福島沖で地震発生 強い揺れに備えてください(気象庁)」が。
縦揺れの大きな地震に、先ず家の中で身の安全確保、倒れると危険な茶箪笥の傍から離れました。
東日本大震災を思い出すような揺れでした。
東庄防災メール震度速報 千葉県北東部・震度4
東庄防災メール地震情報 震源地は福島県沖 東庄町・震度3 

一夜明け、東日本大震災の余震とされる大きな地震の影響で宮城や福島など各地で、断水や停電、土砂崩れ、住宅被害、負傷者など大きな被害が報道されています。
大変なことでお見舞い申し上げます。
幸い東庄町では、被害は確認されませんでしたが、気象庁は「今後1週間程度は、最大震度6強程度の地震に注意を」と呼びかけており、十分な警戒が必要になります。

東日本大震災から10年、役場庁舎執務室、防災対策室での2度の大きな揺れ(東庄町震度5弱)を経験、今後も余震が続くとされ、記録に残してはいますが、備えは勿論のこと、伝えること、知ってもらうことも、大事です!

夕刻は、久しぶりに買い出しに。

東庄町の子ども達に、町産・県産の食材を使い、ご厚意により提供いただいた「日本一の給食」・お楽しみ給食は、3回目の実施が予定されています。
15日(月)午後6時からNHK総合テレビで東庄町の学校給食について放送されます。
皆さん、ぜひご家族でご覧いただきますように。

晴れ時々曇り、お天気は静かな日曜日でした。

明日は、本州の南岸を通過する低気圧が猛烈に発達、全国的に雨風が強まり荒れた天気になり、警戒が必要との予報。

職員の分散勤務実施

2020/04/27

不安定なお天気が続いていますが、町の木・オオムラサキツツジも咲きました。
新型コロナウイルスの感染拡大により、緊急事態宣言が発令され、日々、先の見えない生活を送っている、これまでの暮らしは一変しました。

何もしない土日が過ぎました・・・。
昨日は、22日に病気で亡くなられた高木利昌さんの葬儀でした。
高木さんは、無名詩人「レヴィン」・2003年交通事故で亡くなった高木昌宣さんのお父さん、私の先輩でもあります。

2017.3.11、「レヴィン」によって結ばれた皆さんの集まりに出席をさせていただきました。

「自分のしあわせはもちろん、他人のしあわせも考える。
縁、人、町を大切にしたい。」、挨拶をさせていただいた思い出が・・・。

葬儀は、ご家族だけでと言うことでしたので、参列は控えさせていただきました。
このような時ですので、大変な事だったと思います。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

コロナウイルス感染拡大もいつまで続くかわかりません。
自分の身は、自分で守る方法しかない。
ニュースは、感染により亡くなられた方、ひとりひとりの尊い人生、存在までは、語ってくれない。
大切な人を亡くされた方の身になって想うと、まだまだ、我々の感度は鈍い。
闘いは、続きます。

職員の感染による行政サービスの停止を回避するための取り組みとして、先週までは時間差勤務でしたが、今週からは、職員を建物内の会議室や公民館研修室へ分散する「分散勤務」を実施しています。
皆様には大変ご不便をおかけしますが、ご理解ご協力をお願いいたします。
住民の対応にあたる職員の感染防止にも注意が必要です。
今後も状況判断により、しっかりとした感染症対策をしてまいります。
今はまだ、耐えること! 皆で頑張りましょう!!

4/26・夕景

緊急事態宣言・2週間

2020/04/22

「緊急事態宣言」が初めて出されてから2週間が過ぎました。
東庄町内で感染が確認された方は、新たに入所者2名の感染が確認された北総育成園関係74名、北総育成園関係以外1名の75名となっています。
感染拡大の防止については、関係機関がしっかりと対応し健康状態等を把握、感染拡大を防止しています。
引き続き、町民の皆様には不要不急の外出は控え、自分でできる感染防止をお願いします。
また、この大変な状況下、県内・香取警察署管内で、新型コロナウィルスに関連した不審な電話やメールが相次いで確認されています。
新型コロナウイルスに関連した詐欺にも、ご注意ください!

日中は、曇り空、時々晴れ間の出る静かな一日でしたが、夕刻は雨になりました。
あわてて、牡丹の花に覆いをしガード。

病気入院中だったとのことでしたが、これまで個人的にもご支援をいただき、懇意にしていただいた町内の方の訃報に接し、大変驚きました。
残念で寂しい・・・。

元気を出して!

—-

二十四節気・穀雨

2020/04/19

新型コロナウイルスの感染拡大で、16日には全国への緊急事態宣言が発令されました。
全国に発令されてから初めての土日。
不要不急の外出は自粛です!

昨日は、大雨、突風のような風も吹き、大変な一日でした。
幸い大きな被害もなく、夕刻には晴れ間も見えました。

「雨や、嵐にや、負けないぞ!」
ガードしたお陰で、見事に咲いてくれました。
牡丹の花からも「がんばれー!」と言うエールをもらいました。

日曜日の今日は、二十四節気の穀雨。

晴れの清々しい日になりましたが、風が強く、遅咲きの桜の花びらが舞い散る一日でした。

広い水田に一人農業。

全国で今日も、多くの感染者が確認されました。
離れて暮らす家族や友人との連絡の取り合いも元気のもとに・・・。
皆で、しっかりとした対策を続けていきましょう!

4/18・夕景

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言・1週間

2020/04/14

昨日は、春の嵐でした。
午後6時過ぎ、暴風警報を発表。
午後4時過ぎからは、笹川地区など町内の一部の地域で停電発生。
今の状況下、地震発生も続いており、また、大変なことになるのではとの思いもいたしました。
改めて、いつ何時起こるとも知れない自然災害に対する備えもしっかりとしなければならないとの思いを強くいたしました。

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言から1週間となりました。

感染予防と拡大防止のため、町内関係企業、町内出身の方々からの大変ありがたいご寄付もいただきました。
防災無線、防災メール、広報特別号発行による町民の皆様へのお知らせ、注意喚起、ご寄付いただいたマスクの町内の医療機関・妊婦や腎臓機能障害者の方々への配布もさせていただきました。
職員は、昨日より、午前7時から午後3時45分まで、午前11時から午後7時45分までの2班体制による勤務を始めました。

幸い町内において、今のところ、新たな感染者は出ておりません。
気を引きしめて、「東庄町新型コロナウイルス感染症対策本部」において、対応してまいります。
感染防止のためには、「うつらない・うつさない」行動が大切です。
生活の維持に必要な場合を除き、昼夜を問わず、みだりに自宅等から外出しないでください。
引き続き町民の皆様方には、これ以上の感染拡大を防ぐために緊急事態宣言へのご協力を心からお願いいたします。
私自身も! 頑張ります!!

季節の移り変わりを感じます・・・

東庄いちご、コカブなど特産野菜、豚肉も食べて元気を出したい!

新型コロナウイルス集団感染発生

2020/03/30

天気の変化が激しい日が続きました。
曇り空の静かな一日に。

28日、東庄町にある障害者福祉施設「社会福祉法人 さざんか会 北総育成園」で入所者・職員ら58人の新型コロナウイルス感染が確認されました。
29日には、職員の家族も含め新たに28人の陽性が判明し、感染者は、計86人になりました。職員の家族も含めて検査を進めており、さらに増える可能性もあります。
安心はできない状況下だったとは言え、突然の集団感染判明という事態に衝撃を受けました。

3/28・午前9時半、新型コロナウイルス感染症緊急関係者会議開催。
午後0時10分より出席をいたしました。

3/29・午前10時、第3回東庄町新型コロナウイルス感染症対策本部会議開催。

塩川香取警察署長・川人警備課長、鈴木消防東庄分署長、山崎議会議長、高石東庄病院長、相馬社会福祉協議会事務局長に同席いただきました。
北総育成園に於いてクラスター発生と言うことで、報道により、色々な方面から非常に多くの問い合わせがあります。
今、対応対策が取られているわけですが、なかなか情報が入ってまいりません。
地域の住民を守るということが最大の使命でありますので、これ以上の感染拡大を防ぐことが仕事です。
正確な早い情報提供が必要で、対応対策、きちっとした方向付けを考えていきたい。
始めに挨拶、お願いを申し上げました。

*町内公共施設の閉館についてお知らせ

3/30・午後2時半、東庄町役場での千葉県・船橋市・東庄町合同対策会議出席。

■挨拶

「皆様方の知恵をお借りし、この難局を乗り越えてまいりたい。」
冒頭、挨拶を申し上げました。

33人出席(千葉県・船橋市・香取市・国立感染症研究所・厚生労働省・旭中央病院・北総育成園・東庄町)
今後の利用者への治療や支援について、地域への感染拡大防止について協議をいたしました。

合同会議後は、インタビューに答えました。
「本日は、関係者との会議で意見交換ができました。
一番大切なことは、住民に不安を与えないこと、そのためには、県から情報をいただき、事実を住民に伝えたい。
正確な情報を伝えることが信頼関係を築くことになる。
ちいさな町、お互いの信頼関係が感染を防ぐ意識につながり、感染した人を助けることができる。
町は、今後の感染を最小限に防ぐために、最大限の努力を行う。」

*小中学校を4月10日まで臨時休業。
*町内の保育園・こども園・放課後児童クラブを4月4日まで臨時休園。

土曜日、日曜日、月曜日、新型コロナウイルス感染症対応・対策会議開催の3日間でした。
今年度も残すところあと1日に・・・。

3.11

2020/03/11

風は強いが、暖かい日に。

辛夷の白い花が木いっぱいに咲きました。

東日本大震災発生から9年が経過いたしました。
3月議会の会期中、午前中は、東庄中学校卒業式でした。
来客中の執務室に居て、経験したことのない二度の大きな揺れと、テレビから流れてきた津波による見たことのない光景を忘れることはできません。
東庄町は本年、65周年の節目の年。
午前11時、毎年続けている防災訓練・町内一斉シェイクアウト訓練実施。

65周年記念・町勢要覧インタビュー中の1分間のシェイクアウト訓練(安全行動)で、先ずは、テーブルの下に避難。
いつ発生してもおかしくない自然災害、自分や家族の命、自分たちの町を守るため、災害への備えをしっかりとしていきたい。

午後2時46分、黙とうをいたしました。

子どもも年配者も、みんな一緒にこの町で生きている。育ててくれた人たち、仲間たち、そして支えてくれた人たち。
向こう三軒両隣、人助け、おたがいさま・・・。
「地域力」がますます大事に。

嫌いではない雷、夜の大きな雷に、はっぱをかけられました。
元気をだして頑張ります!

夕日が川に・・・

新型コロナウィルス感染症対策に関する緊急要望

2020/03/10

曇り時々雨、変わりやすい春の天気に。

庁舎前の緋寒桜が美しい。ソメイヨシノの蕾も少しふくらんできました。

急遽、東京全国町村会への出張となりました。
新型コロナウィルス感染症対策の国の方針を受けて、住民と最も近い市町村においては、教育現場、子どもを持つ家庭をはじめ、医療・介護等の現場における様々な課題に対応すべく全力で取り組んでおります。
全国市長会代表と共に全国町村会を代表し、総理大臣官邸にお伺いし、菅官房長官に新型コロナウィルス感染症対策に関する緊急提言・要望をさせていただきました。

・国と地方の緊密な連携について
関係各省庁・都道府県・市町村等で緊密に情報共有を行い、万全の対策を講じること。
・物資不足への対応について
全国的に不足し、供給が滞っているマスク、アルコール消毒液等の生産・供給体制を強化し、現場のニーズに適切に応えられるよう速やかに必要数を確保し市町村に供給すること。

市町村における様々な取組に要する経費については、国において万全な財政措置を講じていただきたい。

終了後は、急ぎ帰町。
東京は、静かでした・・・。

安倍首相は、大規模イベントなどの自粛要請について、今後さらに10日程度、継続するよう求め、政府は第2弾の緊急対応策を示しました。
今がこらえどころなのではと思います。
知恵を絞り、町なりにできることがまだあると。

横芝光町長選挙告示日、現職佐藤町長が無投票当選をされました。誠におめでとうございます。

そして、明日は、3月11日です!

岩田利雄プロフォール
2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
アーカイブ