‘2019/01’ カテゴリーのアーカイブ

町政7期目・・・初登庁

2019/01/21

冬型の気圧配置が高まり、風は強いが快晴、お日様が輝いて見えます。

午前9時半、職員、農業委員さん方に迎えていただき、初登庁。
就任挨拶をさせていただきました。
花束も頂戴いたしました。

4年前のスタートも振り返りました。
これまでの経験を活かし、自分なりに考えて仕事をしてまいります。
くたびれてきてはいますが、「すべては町民のために」一生懸命に頑張ります!

外へ出てビックリ!
今年最初のスーパームーン、大きな月明かりを見て、新田黒部川沿いを帰ってきました。

7期目スタートの1日が無事に終了しました。
ありがとうございました。
平成が残り100日を切りました・・・。

土日・・・

2019/01/20

今日は、二十四節季の一つ大寒です。

・・・とは言え、比較的暖かい日になりました。

町長職6期目の最終日は、日曜日に。

父母、妻の墓参りをし、おかげさまで、静かな土日を過ごすことができました。
ご支援、ご厚情をいただきました多くの皆様に感謝をいたします。
ありがとうございました。
明日は、町長職7期目の初登庁となります。
—-

歌会始の儀

2019/01/16

昨晩は、全国町村会館に宿泊。
青空の広がる清々しい朝になりました。

皇居の正殿「松の間」での「歌会始の儀」に、陪聴者(各界の代表91名)の一人として、お招きをいただきました。

「松の間」は、内閣総理大臣や最高裁判所長官の親任式、新任の外国の特命全権大使の信任状捧呈式、勲章・文化勲章の親授式などが行われる殿内で最も格調高い部屋だそうであります。

平成最後の歌会始の儀、この栄誉に緊張感と共に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
・・・感動いたしました。

菊の紋章入りのお菓子を頂戴いたしました。

皇居にお招きをいただいたのは、平成21年(天皇皇后両陛下ご成婚50周年)春の園遊会、平成27年12月23日・天皇誕生日宴会の儀に続き、3度目であります。
そして、2月24日・国立劇場での天皇陛下御在位30周年記念式典へのご案内をいただいております。
今年は、私自身にとっても大きな節目の年、7期目の町政スタートの年でもあります。

昭和から平成の40年間、町議会議員、町長職に就かせていただき、信念の下、町は一つ、心も一つという思いで、すべては町民の皆さんのために仕事をしてまいりました。
多くの皆さんから頂いたご支援、出逢い、感動に感謝をしております。
一日一日を大切に、町民の皆さんにしあわせを感じていただけるよう、お互いさまの心を大事にしながら、一生懸命に仕事をしてまいります。
多くの方々にお世話になります。

今後ともよろしくお願いをいたします。

東庄町消防団消防出初式

2019/01/14

昨日に続き、青空の良いお天気になりました。

午前10時、東庄町公民館大ホールに於いて、ご来賓の皆様にご出席をいただき、東庄町消防団消防出初式挙行。

■式辞

日頃の消防団員の皆さん方の消防防災活動に対し、敬意と感謝をいたします。
万が一災害が発生した場合に備え、危機管理体制の更なる充実を図り、地域の皆様、消防団の皆様と一丸となって、対応していかなければならないと考えております。
団員の皆様には、今後とも町民が安全で、安心して暮らせる「東庄町」を目指して、より一層のご尽力を賜りますようお願い申し上げます。
皆様の更なるご活躍と、新しい一年が、災害のない明るい年になりますよう心からお祈り申し上げます。

年頭にあたり、挨拶を申し上げました。

■表彰

■受賞者代表謝辞・向後本部分団長

■アトラクション よさこい演舞・黒潮美遊

 

式典終了後は、消防団、関係の皆様との祝賀会に出席をいたしました。

新春恒例行事の成人式、消防出初式を滞りなく終了することができました。
ありがとうございました。
支え合い とうのしょう・・・

東庄町成人式

2019/01/13

三連休中日、素晴らしい天気になりました。

午前10時、公民館大ホールに於いて東庄町成人式を挙行。

129名の新成人誕生!

■主催者式辞

成人おめでとう!
今年は元号が変わり、新しい時代のスタートでもあります。
皆さんは、急激な変化の時代に成長してきました。
何でもスマホ、スマホで世界中とつながる時代、ものすごい勢いで今までの生活を変えていく。
便利さゆえに、相手の顔を見て話すということ、人と人とのつながりが薄れていくと感じることもあります。
便利になったからこそ、心にゆとりを持ち、相手を思う、思いやりの気持ちが大切にしてください。
どんなに時代が変わっても、一緒に学んだ友達は大事、言葉や、コミュニケーションが大事です。
大事にしてきたものをこれからも大事にしていってください。
町も町民一人一人を大事にしながら、お互いに支え合って進んでいきたいと思います。
町の将来のためにも皆さんの力をお貸しください。
皆さん方に大きな期待をいたします。
チャレンジ精神を持って、これからの人生頑張ってください。
皆さんの出発をお祝いし、心からエールを贈ります。

・・・お祝いの言葉を述べさせていただきました。

■記念品・二十歳の自分におくるメッセージ贈呈

アトラクション・・・

■馬飛龍(バビロン)・新成人有志による漫才

■東今泉鳴和会

午後からは、林幹雄代議士ほかご来賓にご出席をいただき、町内関係の皆さんとの新春懇談会に出席をいたしました。
晴れの日に、ふさわしい良い日になりました。
ありがとうございました。

新年挨拶・・・

2019/01/08

新年挨拶が続きます。
昨日に続き、千葉県庁に向かいました。
午前10時、自民党千葉県連川上 茂幹事長、午前10時半、千葉県議会吉本 充議長、石毛之行副議長に新年の挨拶をさせていただきました。

■県議会議長室にて・・・

昨年末の東庄町長選挙の際には、川上幹事長、吉本議長、石毛副議長には、お忙しい中、駆けつけていただき、ご支援を賜りました。
改めて感謝を申し上げました。
今後とも、いただいたご縁を大切に、千葉県、地域の発展のために、一生懸命に仕事をしてまいります。
ありがとうございました。

新年挨拶

2019/01/07

年末年始、良い天気が続き、空気が乾燥しています。
早くも七草・・・に。

朝8時過ぎ自宅発、新年挨拶のため千葉市に向かいました。
午前9時20分、千葉県国民健康保険団体連合会新年挨拶。
午前10時15分、千葉県町村会正副会長県庁訪問。

■山根町村会事務局長

■森田千葉県知事

■髙橋副知事

■瀧川副知事

相川芝山町長、白石鋸南町長と共に、新年の挨拶をさせていただきました。
午前11時、千葉県市町村職員共済組合新年挨拶。
午前11時30分、千葉日報新春賀詞交歓会。

数年ぶりの出席となりました。

新年挨拶の一日に。
夕刻は、町農業委員会新年会に、お招きをいただき出席をいたしました。

多くの皆さんの前で新年の挨拶をさせていただき、私自身も身の引き締まる思いをいたしました。

平成31年仕事始め・・・

2019/01/04

仕事始めも素晴らしい天気になりました。

三が日を大切な家族を思うやわらかな気持ちで、過ごすことができました。
感謝です。

午前10時、仕事始め式。

今年は元号が変わり、新しい時代のスタートでもあります。
これまで町として計画を進めてきた各事業が、いよいよ展開されるものと思っております。
コンピューター化された時代、AIやロボットがものすごい勢いで今までの生活を変えていく。
人間そのものの存在価値が大きく問われる時代に入ってきたなという思いがします。
そのような時代だからこそ、わが町においては、支え合いと言うことが最も大事な部分であります。
職員が結集して町民の為に如何に良い意味での仕事ができるか、そういうことが問われるのだと思います。
人口減少、少子化ということで、大変な思いをしながら進んできております、まさしく人が人を大切にしながら、大事にしながら支え合うという時代がいよいよ本格的に始まるのだろうと思っています。
職員として何ができるかということは、職員同士の結集が、町民を支え、町民の皆様方に大事にしてもらえるということではないのかなと思っております。
町づくりの基本は、町民一人一人を大事にするということ。
大事にするというのは、どういう形のものでその人を支えることができるかを考えるということ、町は、町民一人一人によって支えられているのだということです。
町民が町民を支える。
どういう時代の変化においても、人と人との支え合いが大事な基本の一つだと思っております。
大変な時代です。意識を新たにして、連携を図りながら、町民の為に如何にどういう仕事ができるかという挑戦をしてほしい。
町は小さいが、内容は濃いというようなものを、是非とも構築していただいて、育てていただければと思います。
皆様方の普段の努力に感謝をいたします。
町民との間の距離を近くし、お互い様の気持ちを持って頑張っていただくようお願いを申し上げます。
一年間元気で頑張りましょう。ありがとうございました。

訓示を申し上げました。

午後1時半、1月庁議開催。

大変な時代になりました。
全国的に、各地で災害が起きています。
24年ほど前、1月の町長職に就任する3日前に起きた阪神淡路大震災から、防災・減災について考えてきましたが、その後ずっと、備えようがないというくらいの震災が続いてきました。
こういうことがあり得るという考え方、起こった時にどうしたら良いかという対応策が必要なのだと思います。
これまでのノウハウを十分に活かして、いつ何時どういうことが起こっても対応する気構えを持っていただければと思います。
町にとっての課題も山積しております。
住む人たちにとって何がベターであるかということは、行政側としては大変難しい答えを出さなければならない時もあるかと思います。
町として何がふさわしいものか知恵を出し合い、やらなければならないものを率先してやるという決意と意欲を持ち、仕事を進めてほしい。
町は、人口減少ということで、昨年4月に過疎指定を受け、スタートしました。
今、全国、約1800ある市町村の中で半分は過疎指定となってしまっているのが現状で、国全体のことであり、過疎という問題を、全体を見渡してどう捉えていくかという方向に変わってくるだろうと思います。
十分検討して、有効にいろんな事業を進めてもらいたい。
また、国としては18,000人の人口を保っていた時の生活をダウンさせないという考え方があります。
そういうことに考えれば、色々な事業が展開できるのではないかなと思います。
東庄町の話をすると、子供を持つ親が羨ましいなと思えるような政策を、進めていただければと思います。
町にとっては是非必要だということであれば、機を待たずしてスタートさせたい。
皆様方に、知恵をお借りし、独自性のある良いものを目指したいと思います。
各課の連携を図り、時には課を超えて仕事をする、風通しの良い役場を作っていかなければと思います。
それが、町民一人一人の色々な面に影響し、喜ばれたり、感謝されたりということにつながると思います。
今年一年が皆様方にとっても町にとっても、良い一年であったと振り返れるような年にしていきたい。
無病息災、お互い元気に頑張っていきましょう!
よろしくお願い申し上げます。

庁議の始めに挨拶をいたしました。

第95回箱根駅伝

2019/01/03

年が明けて、3が日、良い天気が続いています。
東京箱根間往復大学駅伝競走は、箱根町の芦ノ湖から東京・大手町の読売新聞社前までの復路が行われました。
特に、往路6位となった、青山学院大の応援に力が入りました。
昨年2月21日の寒い日に、東庄中出身の二人の高校生駅伝選手が見えました。
その一人が、全国都道府県対抗男子駅伝大会に千葉県代表で出場された飯田貴之さん。
青学に進み、1年生ながら復路8区を走り、見事復路優勝に貢献されました。

■飯田貴之さん

1、2年の時に箱根を走りたいという抱負や夢を聞かせていただき、今後の活躍を大いに期待し、テレビ画面で応援できるのを楽しみにしていました。
あれからまだ10ヶ月余り、テレビ画面での応援が実現しました。
飯田選手のとてもしっかりとした美しい走り、ずっと続く沿道の応援の皆さんに感動、箱根駅伝は、素晴らしい!
おかげで、元気をいただきました。
また、来年も応援したい・・・。
ゴール前1キロ地点、日本橋の写真が届きました。

三が日も家族で過ごしました。
2019年の干支「己亥・つちのとい」亥年には、無病息災の意味ある年とのこと。
「無病息災」の年でありますように。

平成31年・元旦

2019/01/01

平成31年1月1日
「去年今年貫く棒の如きもの」

明けましておめでとうございます。
初日に、身が引き締まる思い・・・。

7回めの、干支の年に。
16日には、皇居での「歌会始」に御招きをいただいております。
昨年末の町長選挙では、当選という栄誉をいただき、7期目の町政を担わせていただくこととなりました。
ラッキーナンバーは、7!
無病息災・・・亥年の一年、元気にがんばります。
小さい町から大きな力を出すのには、地域力!
目指すものに向けて、また一歩踏み出したい!!

▪️桁沼川

▪️黒部川

▪️笹川新橋

▪️遠くに筑波山

元旦にふさわしい良い天気になりました。
家族と一緒に清々しい新年を迎えられたことに感謝です。
ただ、年末からの洗い物・掃除の後遺症、あかぎれが痛がゆくてたまらない・・・。

本年も宜しくお願い致します。

岩田利雄プロフォール
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
アーカイブ