‘新型コロナウイルス感染症対策’ カテゴリーのアーカイブ

6月末日

2020/06/30

活発な梅雨前線の影響で、各地で激しい雨が降っています。
曇り時々雨、風の強い日になりました。

新型コロナウイルスの感染拡大による「緊急事態宣言」の解除から35日余り経過、6月も末日となりました。
感染の終息ではない。
今もクラスターの発生が起こり、第2波と言うことで、テレビのニュース等で言われています。
新聞には、千葉県内市町村ごとの感染確認者数が毎日の様に掲載され、特にクラスター感染ということで、町村の部門になると、東庄町75人という大変な数字がずっと続いています。
町民の皆様方にも大変ご迷惑をかけたという思いと共に、皆で色々知恵を出しながら、この難局を乗り切ってきたなという感があります。
新型コロナウイルス感染拡大の経済対策として、国が住民に一律10万円の給付「特別定額給付金」については、幸い、自前で発送作業ができたため、規模の大きい自治体に比べて、早く受付を始めることができ、給付率は99%近くまでになりました。
明日からは7月、まだまだ予断を許さない状況下、どのように変化していくかもわかりません。
今後も窮屈な中での仕事になりますが、町ができることを、しっかりと進めてまいります。

梅雨時の夕景

令和2年も半分が過ぎました。
後の半年も元気にスタートしたい。

東庄小学校分散登校視察

2020/05/29

青空と緑、快晴の夏日になりました。

現在学校再開に向け、小中学校において分散登校を実施しています。
東庄小学校では、5月11日から、通常の学校登校時間に合わせたスクールバスや徒歩での登校、各学年1時間の分散登校が始まりました。
19日からは週1回2時間の分散登校の実施。
スクールバスは、3つの密を解消された状態で運行されています。

午前中、分散登校の小学校の視察をいたしました。  
1・4・6年生の登校日、1学年は3クラスあり、1クラスを3班に分けています。

■公民館視聴覚室

6年生はクラス全員で公民館の視聴覚室・ロビー・体育館で学習。
1年生は体育館で6月1日の入学式の練習でした。

「とても大きな声で挨拶できました。当日もよくできると思います。
今年の入学式は、コロナウィルスの関係で状況がかわりましたが、皆さんの我慢と頑張りが良かったです。大事なことは我慢をするということです。
先生の言うことをよく聞いて、きまりを守り、元気にしてください。皆さんが、毎日元気に、東庄小学校に通ってくれることを期待しています。
新しい学校ですが、皆さん、すぐにお友達になり、楽しく過ごしていただきたいと思います。
いろいろなことを乗り越えて、元気に頑張ってください。町から、私からのお願いです。
これからも、一緒に頑張っていきましょう。よろしくお願いします。ありがとうございました。」

入学式は、新入生と保護者、先生方と教育委員会代表のみの出席予定のため、校長先生からの依頼で子どもたちにお話をいたしました。
4人の子どもたちが、一緒に小学校に通った時代よりも、しっかりと授業参観をしたように思います。

スクールバスの説明をうけ、山崎議長とも一緒になり、下校時の校庭への整列からバスの乗車、出発までを見守りました。
バスを1台ずつ確認、学校を出る際の道路状況・交差点の様子なども確認することができました。
子どもたちに手を振り、元気をもらいました。

本年4月1日開校となった東庄小学校。
元町収入役・渡辺金治さんから開校記念にいただいた「雅桜 みやびざくら」の植樹を行いました。

議長・渡辺さん・教育長・校長先生と共に鍬入れをいたしました。
ありがとうございました。

緊急事態宣言が解除され、6月1日からは、小中学校の臨時休業期間が終了し、いよいよ本格的な教育活動が再開されます。

5/29・夕景

5月も残すところ2日となりました。

コロナウイルス感染症対策本部会議開催

2020/05/27

晴れたり曇ったりの、静かな日が続いています。

午前10時半、 緊急事態宣言解除後の コロナウイルス感染症対策本部会議開催。
長い間の自粛期間でしたが、解除は大変ありがたい。
感染を防ぐということは、良識を持って行動してもらえるということ、町民の方々には感謝を申し上げます。
解除はされましたが、今まで通り、守ってきたこと、新しい生活習慣を維持しながら、できるものから、段階的に実施して行くというものです。
年間行事等が滞っております。今後、計画の練り直し、予定の組直しをしながら進めていかなければならない。
よろしくお願いを申し上げます。

始めに挨拶をさせていただき、緊急事態宣言解除後の町の対応について本部員の皆さん方に協議をいただきました。

午後は、昨年8月に起工式が行われ、東庄中学校敷地内に建設中の新学校給食センターと中学校の分散登校を視察いたしました。

■学校給食センター

現在、外観は概ね完成し、内装と設備工事が行われています。
作業工程ごとに分かれた各部屋など、建物内を現場監督に案内いただきました。
新給食センターの建設整備は、長年の夢でありました。
給食配送の簡略化や食育推進、子どもたちには、安全・安心なおいしい給食を食べて喜んでもらいたい、何より給食の時間も楽しんでもらえたらと言う思いです。
稼働開始が楽しみです!

中学校校舎内に。

教育長と共に校長室での説明を受け、1年生から3年生まで、各クラスの半分の人数での授業を見せていただきました。
昭和49年4月1日、新校舎完成、実質統合中学校発足。
建設から50年近く経過、設備面にも目配りが必要です。
数年前には、先生方から図書室整備の要望もありました。
更なる教育施設の整備を進めてまいりたい。
中学校は町のほぼ中央の高台にあり、特に3階からの眺めは最高です。

子どもたちの教育については、今までの状況下をどうするかということが先決であると、遅れた分を取り戻し、良い意味で、子どもたちが安心して授業を受けられるようにすべきだと思っております。
引き続き感染拡大防止に、一丸となって対応してまいります。

朝の景色

岩田利雄プロフォール
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ