箱根駅伝優勝報告

2020/01/17

桜・ソメイヨシノの開花は、東京が一番⁉と開花予想が発表されました。
昨日とは一変、寒い日になりました。
平成7年1月17日、午前5時46分・阪神淡路大震災から25年経過、町長職就任4日前のことであり、町長職も25年が経過いたしました。
暖冬、気候変動も心配になります。

午前中から東京に、午後1時半、全国市町村職員共済組合連合会関係会議に出席。
帰庁後、午後4時半、青山学院大学2年生・飯田貴之君の訪問を受け、「第96回 東京箱根間往復大学駅伝競争」の優勝報告をいただきました。

東庄中学校出身、青山学院大学に進み、箱根駅伝連続出場。
昨年は1年生ながら復路8区を走りチームに貢献、2年生の今年は往路5区を力走、往路優勝のテープを見事に切り、総合優勝に貢献されました。
テレビ観戦し、全力で前に進みタスキをつなぐ、日頃の汗が報われる姿に感動しました。
飯田君には、先日の東庄町成人式に同級生の皆さんと出席されていて、再会が叶いました。

サインもいただきました。
挑戦する気持ちがあふれる姿は、家族・親戚、地元の皆さんの希望です。
これからも、駅伝にかける熱い思い、自分の目指すものに向かって挑戦していってください。
ぜひとも、来年も応援したい!
ひとり一人の挑戦が、やがては町の発展につながる。皆の挑戦を応援していきたい!!

夕刻は、新年会に出席、若手職員たちと賑やかに楽しい時間を過ごさせていただきました。
やはり、良い意味での飲みニケーションも時には必要かも知れません・・・。

元気をもらい、ハードな一日が無事に終了いたしました。

1/16・黒部川風景

東庄町消防団消防出初式

2020/01/13

3連休最終日に・・・。

午前10時、公民館大ホールに於いて、ご来賓の皆様にご出席をいただき、東庄町消防団消防出初式挙行。

消防職、消防団の皆様には、日頃から消防・防災活動に尽力されていることに、敬意と感謝をいたします。
昨年は、様々な災害に見舞われた一年でありました。
9月の台風15号では、東庄町におきましても、家屋の倒壊や一部損壊、大規模停電が発生いたしました。
年々増加する災害に備え、危機管理体制の更なる充実を図ることが重要であり、併せて地域住民の防災意識の高揚及び知識の育成が必須であります。
公助、自助、共助を機能させることにより、町民が安全で、安心して暮らせる「東庄町」を目指して、より一層のご尽力を賜りますようお願い申し上げます。
皆様の更なるご活躍と、新しい一年が、災害のない希望に満ちた明るい年になりますよう心からご祈念申し上げます。

年頭にあたり、挨拶を申し上げました。

■アトラクション 纏演舞・新宿纏会

「支え合い とうのしょう」・・・東庄町らしく、町民が互いに思いやり、「おたがいさま」の心を持って支え合うことで、防災意識の高い町に!

式典終了後は、消防団、関係の皆様との祝賀会に出席をいたしました。

成人式、消防出初式と新春恒例行事を滞りなく終了することができました。
ありがとうございました。

東庄町成人式

2020/01/12

午前10時、公民館大ホールに於いて、令和2年東庄町成人式を挙行。

成人おめでとう!
令和2年、いよいよ今年は東京オリンピックが開催されます。
今回の競技種目である空手、私は、高校、大学と空手に打ち込む毎日でした。
空手道部の仲間と過ごした時間は大切な宝物であり、仲間とは今も良いお付合いをさせていただいております。
昨年は、災害の多い年でした。千葉県では、2つの台風と大雨に、甚大な被害を受けました。
皆さんの中にも、9年前の東日本大震災の記憶は、強く残っていると思います。
災害を乗り越えるため、災害から様々なことを学び、生きるための知恵を得てきました。
昨年の災害では、その知恵を活かし、乗り越えられたのではと思います。
私は、町長在任中に幾度も大きな災害に対応し、「自分の命は自分で守る」ということを学びました。
町は町民のため、最大限の力を尽くしますが、いざという時、災害に負けない、自分を守るのは自分自身です。それを、忘れないでください。
これから先、様々な困難に出会うことがあるかも知れません。
生きるための知恵と体力を養い、困難を乗り越えて行ってください。
私は、「すべては町民のために」という思いで、町民が主役となるまちづくりのため、挑戦を続けます。
皆さんには、ふるさと東庄町を愛し、若い力で新しい時代の元気な町を築いていただくことを期待しています。
ふるさと東庄は、いつも皆さんを応援しています。

主催者として、お祝いの言葉を述べさせていただきました。

■記念品・二十歳の自分におくるメッセージ贈呈

■アトラクション・東今泉鳴和会

多くの皆様と新成人のお祝いをさせていただき、「希望」の持てる晴れやかな日になりました。

午後は、「新春懇談会」に出席をいたしました。

■利根川河口堰

■利根川コジュリンこうえん

新年挨拶・・・

2020/01/07

松の内も最終日、七草です。
七草には、それぞれとても縁起の良い意味が込められていて、1月7日に七草を入れた粥を食べることで、無病息災を願ったといいます。

午前8時過ぎ自宅発、千葉市に向かいました。
日頃からお世話になっている千葉県町村会、千葉県国民健康保険団体連合会、千葉県市町村職員共済組合の職員の皆様に新年の挨拶をいたしました。

午前10時20分、県庁に。

森田知事、髙橋副知事、滝川副知事へ、年頭の挨拶をさせていただきました。

午前11時半、2020年の幕開けを祝う「新しい時代を開く千葉県民のつどい・新春賀詞交歓会」(千葉日報主催)に県内各界代表の皆様と共に出席をさせていただきました。
十二支最初の子年は、新しいことにチャレンジする年とのこと。
今年も一年、地域の発展のため、チャレンジ精神を持ち、信頼関係の中で仕事をさせていただけたらと思います。

新年の挨拶、行事が続きます・・・。
体調に気を付け元気に!!

令和2年 仕事始め

2020/01/06

二十四節気の小寒、寒の入り。

長い年末年始の休みも終わり、仕事始め。
気持ちを新たに登庁いたしました。

午前10時、多目的ホールに於いて仕事始めの式。

皆さんそれぞれ、新なた決意の中で、新年を迎えられたことと思います。
今年は、いよいよ東庄小学校が4月からスタートいたします。地域の方々には色々な思いがあったと思いますが、非常に子どもたちが少ない中で、町の子ども達が同等の立場で同じ教育を受ける事は、子ども達にとっても、何か違う効果が得られるものと期待しています。
今よりはより良くと言う明日への思いがあっての統合です。子ども達が地域の中で育ち、やがてこの地域を創っていく、そういう思いがしています。
皆さんにも応援していただきたいなと思います。
三が日の箱根駅伝は、東庄町出身の選手が走るということで、皆さん方も応援されたことと思います。見事に往路優勝のテープを切ったことは、本当に良かったなと思いました。町出身選手の活躍は、町にとっても誇りです。
東庄出身の子ども達が、将来どこかで活躍されることを願っています。
今、少子高齢化ということで、大変なことになったなと言う思いです。
時代の変化に追われて、少子高齢化という問題があまり騒がれないようにも思いますが、特に高齢者の問題は、これから益々大事になってくると思います。
家庭の中で大変困っているという方々を、地域の方々の力をいただいて、支えてあげることも大事なことだと思います。
基本は、町に住む人たち、住民であり、その人たちのお世話をする事が仕事です。
職員同士、「お互いさま」という意識の中で、コミュニケーションをとりながら、お互いに力を出し合って一つの目的を達するということが大事だと、いつも考えております。
新しい時代のスタートです。
これからも住民と団結し、住民の幸せのために、また、町の発展のためにご尽力とご協力をお願い申し上げます。
私も皆さんと一丸となって、良い町づくりのために頑張ります。

昨年末に、東庄町の議会始まって以来の女性議長が誕生し、先進的な町に。
今後のご活躍をご期待申し上げます。
この一年間、皆が元気で仕事ができるようご祈念申し上げます。
一年よろしくお願いいたします。ありがとうございました。

職員の皆さんに仕事始めの挨拶をさせていただきました。

午前中、町商工会、社会福祉協議会、シルバー人材センター来訪。
新年の挨拶をいただきました。

—-

午後1時半、1月庁議開催。

町は、全国に先駆けて課の統廃合をし、色々なアイデアを募りながら、行政を進めてきました。
議場など斬新だと言われるのは、思い切ったことをしてみようという考え方の中から生まれてきたものです。
新しく構築した考え方をしないと、大きな改革につながらないと思っています。
管理職の皆さん方も、もう一歩、転換をしてみようかというものが大事になると思っています。これまで積み上げてきた中から、自分たちの代には、こういうものに変えていくというものを生んでいただければと思います。

少子高齢化の対応、対策、方向付けをきちっとしていかなければならない。
いまのかたちを守りながら、将来に向けて対応対策を考えていきたい。

災害対応については、昨年の災害対応は、この町らしくて良かったなと思っています。
テレビのテロップがあれだけ流れ、難しい中で、あえて24時間体制を取らせていただきました。
テレビをたまたま見ていた方から、町のきちっとした対応対策に頭が下がると言っていただいたことは有難く、力をいただきました。
小さなことでも、こうした方が良いというものがあれば、皆さんから出していただきたい。
担当する職員は色々大変だと思うが、住民の皆様に本当に有難いなと思っていただけることは、たくさんあるのではないかと思います。
やはり、これから町づくりの基本は、いつでも相手の身になってものを考えられるということだと思います。
これからも、色々な意見をいただき、事には、スムーズに素早く対応していただきたいと思います。
行政には限りがありません。町民のためになるようなことをたえず念頭において、前向きに進んでいきたい。
よろしくお願いを申し上げます。
「明日は我が身」という言葉がありますが、自分自身にそういうことがあったらどう考えるかと言うこと、そういう場面も思いながら、仕事にあたっていただければと思います。
どういう方法で、どういう形で、柔軟な対応ができるかということを絶えず考えていくことも大事なんだと思います。

元気にスタートできたということが、最初の喜びであります。
今年も一年、皆さんと一緒に、仕事ができることに感謝を申し上げます。
本年も、よろしくお願い申し上げます。

庁議の始めに挨拶をいたしました。

議題は、令和元年度、指定事務事業執行状況報告について等。

お天気に恵まれた良いスタートの一日になりました。

正月休み

2020/01/05

2020年のスタートから5日、正月休みも最終日に。

良いお天気の日が続いています。

娘たち孫たちが集まり、賑やかな我が家に。
おせち料理など一緒の食卓を囲み、楽しく過ごし、正月気分を味わいました。

2日、3日は、「第96回 東京箱根間往復大学駅伝競争」のテレビ観戦。
東庄中学校から青山学院大学に進み、昨年は1年生ながら復路8区を走りチームに貢献された飯田貴之君が、往路5区を力強く走り、往路優勝・総合優勝に貢献されました。
再会を楽しみにしています。
そして、母校の國學院大學は、過去最高の総合3位に。
応援にも力が入りました。日頃の汗が報われる姿に感動・・・!
また、来年も応援したい!

9連休だった年末年始。
生活のリズムがおかしくなり、手にはあかぎれが、家事も頑張りました。
明日は仕事始めとあって、皆が帰り、いつもの我が家になりました。
家族の形は変化しているが、「家族団らん」は、大切な時間に思える。
皆が健康で何かに挑戦、実り多き年にしたい。

1/5・夕刻

令和2年・元旦

2020/01/01

明けましておめでとうございます。

令和になり初めての元旦を迎えました。
新年の歓びを感じるとともに、やはり、身の引き締まる思いがいたします。

昨年は大変災害の多い年でした。今年は、災害の少ない年であってほしい。
いざ発災時には、地域の方々にご協力いただき、東庄町らしく、皆が互いに思いやり、「おたがいさま」の心を持って支え合うことで、町民の安全・安心の確保に努めたい。
いよいよ、4月から小学校5校が一つに統合、東庄小学校がスタートいたします。
子どもたちのより良い教育環境づくり、教育の果たす役割は、非常に重要なものとなっています。
子どもたちが、東庄町で生まれ、地域の中で育ち、やがて地域社会の一員として、東庄町を支え創っていく、「ふるさとが人を育み、人がふるさとを創る」、これこそが私の理想とする地域社会です。
ふるさとのために何か役に立とうと考える人材を育てられるならば、それは町の誇りであり、地域の活性化に寄与するものと考えます。
今日からの新しい1年を東庄町らしい地域社会の構築に向け、一つ一つ挑戦する気持ちで町政を進めてまいりたい!

体調管理をしっかりとし、元気にがんばります。

—-

元旦にふさわしいおだやかな一日になりました。
清々しい新年を迎えられたことに感謝・・・。
2020年オリンピックイヤーのスタート!

本年も宜しくお願い致します。

令和元年大晦日

2019/12/31

令和元年12月の最後の日に・・・。
変わりやすいお天気が続いています。

12/30・夕刻の黒部川

27日に仕事納め、年末の休みが4日あり、毎年、31日まで片づけをするゆとりのない年末でしたが、今年は、すこし余裕をもって過ごせました。
とは言うものの、さすがに新年を明日に控え、気忙しさはありました。

今年も一年、色々なことがありました。
5月1日、元号が平成から令和になりました。
4月30日、天皇陛下「退位礼正殿の儀」に、5月1日、天皇陛下「即位後朝見の儀」に参列をさせていただきました。
国の儀式に参列させていただいたことは、私にとっても緊張感とともに、大変有難く良いことでありました。
しかしながら、大変災害の多い年でした。
千葉県を直撃した台風15号、続けて19号、21号の大雨と甚大な被害を受けました。今までに例のないことであり、人的被害も含め千葉県にとっては災難な年でした。
これが今年だけではなく、これからも続くであろうという構え方というのは必要だろうと思っています。
災害に限らず、何か事が起きた時には、体制づくり、対応が大事です。
日頃の訓練の大切さを実感した年でもありました。
一番大事なのは、そこに住む方々の安心安全。
いざ事が起きた時に、どういう方法で救済ができるかというのも、これから考えていかなければならないこと。
職員の皆さんと一致団結、協力し合い、町民の安心安全の確保に努めてまいりたい。

来年は、東京オリンピックの年。
希望に満ちて、将来に向かって、国民が一つになり、未来に向かって羽ばたいていくことも大事なことであり、また、日本の国が大きく羽ばたこうというチャンスでもあります。
日本選手団の活躍に大いに期待!
そして、日頃がいかに大事かということが問われるのでは・・・。
スポーツの祭典、十分注目してみてみたいなと思っています。

今年一年に、そして、日々支えていただいてる多くの皆様方に感謝をいたします。
来る年も健康に留意し、希望を持ち、一生懸命に仕事をしてまいります。

2019年、ありがとうございました。

ーーー

新年は、太平洋側の地域は広い範囲で晴れて初日の出を見ることができそうとの予報。

大多喜町合併65周年記念式典・・・

2019/12/21

今年も残すところ10日に・・・。

東庄苺の香りもしてきました。

午前9時半自宅発、大多喜町に。
午後2時、お招きをいただき大多喜町中央公民館ホールでの「大多喜町合併65周年記念式典」に出席をいたしました。

■飯島町長挨拶

■森代議士祝辞

■小高県議祝辞

■祝辞

城下町の古き良き街並みと自然美あふれた景勝地として広く知られている大多喜町。令和の時代となった本年に合併65周年の意義ある年を迎えられました。お祝い申し上げます。
今後とも、住民の皆様と行政が一体となり、飯島町長さんのリーダーシップのもと、「ひと・まち・みどり 未来に光り続けるふるさと」の実現、大多喜町の益々のご発展をご祈念申し上げます。

千葉県町村会を代表し、お祝いの挨拶を申し上げました。

本日の式典に於いて、田嶋隆威前町長が、名誉町民となられました。
千葉県町村会長として、大多喜町はもとより、千葉県内町村の発展のために尽力をされました。お世話になった大先輩であります。
ご功績に対しまして深甚なる敬意を表するとともに、益々お元気にご活躍されますようお祈りいたします。
久しぶりにお会いし元気をいただきました。

夕刻、無事に帰宅。さすがに少し疲れました。

お土産は、今回も十万石最中です!

■2017年10月

一般県道下総橘停車場東城線(北ルート)

長年にわたった地権者との用地交渉成立後も、なかなか事業の進捗がみられない状況でしたがやっと、国道356号バイパス同様、目に見えるようになりました。完成に向けて順調に進んでほしい・・・!
安全で利便性のある生活道路の整備完成を大いに期待します。

東庄町議会12月定例会・・・

2019/12/17

あっという間に師走も半ばを過ぎました・・・。

4日、全国町村会正副会長会に出席。
会議終了後には、正副会長・顧問の役員の皆さんと、令和2年度政府予算編成に関する要請活動を行いました。
全国町村長大会で採択した決議及び大会要望の実現方について、内閣府、総務省を訪問いたしました。

6日~7日、東庄町農業委員会県外視察研修会(新潟方面)同行。
12日、自由民主党総務部会(自民党本部)出席。
13日、中央社会保険医療協議会(ホテルグランドアーク半蔵門)出席。

12月に入り、年末行事や東京出張が続きあわただしい日々でした。

午前10時、令和元年12月議会定例会開会。
定例会には、執行部より、同意1件、議案14件を提案させていただきました。
会期は1日。

議員各位には、慎重なるご審議を賜り、すべての案件を原案どおり同意・可決いただきまして、誠にありがとうございました。
会期中に、頂戴したご意見、ご提言につきましては、鋭意、検討し、町政に反映するよう努めてまいります。
本年1月21日、第18代東庄町長に就任いたしました私にとりましても、第7期目のスタートの年でございます。
これまでの経験を活かしながらも、初心を忘れず、全力で、町政に取り組む覚悟でございます。
このスタートの年に、千葉県を直撃した台風 15 号、19 号、10月25日の大雨により千葉県は大変な災害になり、本町にも多大なる被害をもたらしました。
近年の突発的に発生する激甚な災害に対しては、行政主導の対策のみでは災害を防ぎきることは、ますます困難になっております。
東庄町らしく、人々が互いに思いやり、支え合う、防災意識の高い社会の構築を目指し、諸施策を実施してまいりますので、これからも、議員各位のご協力をお願い申し上げます。
また、地方財政を取り巻く状況が依然として厳しく、基礎自治体のあり方が問われる時代でもあります。
行政だけの力で各施策を行うには限界があります。
町民の皆様に、まちづくりについて考えていただき、活力あるまちづくりに向け、東庄町ならではの行政を目指してまいりたいと存じます。
議員各位には、なお、一層のご支援を賜りますよう、今後ともよろしく、お願いを申し上げます。
年末の慌しい時期を迎えました。
くれぐれも健康にご留意いただき、ますますのご活躍を心からご祈念申し上げます。
定例会の閉会にあたり、あいさつをさせていただきました。

現在事業中の一般国道356号小見川東庄工区・・・

やっと、工事の進展が目に見える状況に。
地域の経済活動や観光産業を支える重要な道路としての役割が増大しており、早期完成を強く望みます。
工事の進展を目にし、夢に向かい新たに挑戦する気持ちを強くしました。

岩田利雄プロフォール
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ