雨の日曜日

2020/02/16

静かな雨の日曜日になりました。

梅の香りもしてきます。

特産品はどこの地域にもありますが、その地域独特のものが生まれて根付き、特産品となります。
昨年の台風15号など自然災害により、苺農家も大きな被害を被りました。
心配されましたが、今年も東庄苺をお土産や全国にお送りすることができました。
栽培が難しいとも言われるアイベリー種、丹精込めて育てた東庄苺の特徴は、美味しさは勿論、やはり粒が大きいこと。
「いや、これはすごいな、大きいな!」と反応も大きく喜んでいただけて良かった。

一昨年は、埼玉県越谷市の小林一朗・久伊豆神社宮司のご案内で、女優の宮本信子さん、声楽家の久城理絵子先生、久城先生の妹さんに来庁いただき、いちご狩り、お花摘みを楽しんでいただきました。
町の特産品により、「ご縁」をいただいたことが有難い。

あっという間に、2月も中旬に。
宴席が続き、さすがに少し疲れはあります。
これまで以上に、休む間も大事に思える。

そして、夕刻は、近所の仲間とのお付き合いです。

河津桜が・・・

美しい!!

会議の一日

2020/02/12

暖かく穏やかな日が続いています。

桁沼耕地では、田起こしも始まっています。

午前10時、お招きをいただいた「東庄町シニアクラブ連合会お楽しみ会」の開会行事に挨拶をさせていただき、千葉市に向かいました。

午後1時、千葉県市町村総合事務組合議会定例会開会。

席上、引き続き組合長の職を務めさせていただくこととなりました。

午後2時半、千葉県土地開発公社理事会開会。
午後3時、千葉県町村会定例会開会。

今年は東京オリンピック・パラリンピックが開催される記念の年、日本、ひいては千葉県の可能性を芽吹かせる始まりになることを大いに期待したい。
一方で、新型コロナウイルスの猛威は、大変深刻な問題であり、国や県と連携して、適切な対応をしていかなければならない。
また、昨年の一連の災害は、我々に大きな教訓を残しました。まさに、忘れられない、忘れてはならない一年となりました。
自然の猛威に対して、今できる最善の準備をし、住民の生活を守れるよう、しっかりと対策を立て、千葉は「復興元年」として気を引き締め取り組んで参りたい。
国においては、過去最大の令和2年度予算案が、閣議決定されました。2年連続の100兆円超えで、社会保障費、防衛費ともに過去最大となり、現在開会中の通常国会で審議されております。
来年度から第2期総合戦略がスタートする地方創生関連では、「まち・ひと・しごと 創生事業費」が、引き続き確保されるとともに、「地方創生推進交付金」が前年同額確保されるなど、地方創生実現に向けた各種措置がなされました。
千葉県に於いては、令和2年度当初予算案が発表され、予算規模は、7年連続、過去最大を更新されました。
激甚化する災害に備える「防災・減災対策」や「令和元年の台風等の災害からの復旧・復興」、また、「児童虐待対策」や「子ども・子育て世代への支援」、「観光振興策」など、各分野にわたり、事業が計画されております。
町村会といたしましては、めまぐるしく変化する昨今の社会情勢に対応すべく、全国町村会や関係機関と連携を図りながら、ONE TEAMとして、国や県に対して、意見等を伝えてまいりたいと考えております。
引き続き、皆さまのご協力をお願いいたします。
開会に当たり、挨拶を申し上げました。
定例会では、令和2年度事業計画及び予算などの6議案について、ご審議をいただきました。

千葉県自治会館での会議終了後は、意見交換会に出席。
楽しく有意義な時間になりました。ありがとうございました。

千葉市での一日、遅い帰宅となりました。

少しずつ春らしく・・・。

「利根の川風」

2020/02/06

暦の上では立春が過ぎましたが、青空に北風がビュービュー吹き、寒い日になりました。

空気も乾燥し、各地で今シーズン一番の厳しい冷え込みとのこと。

千葉、東京への出張が続きました。
新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が、世界経済に及ぼす影響も含めて大変な状況下、一日も早くおさまってもらえればと思います。
雪は大雪にならない限り、自然の恵みそのものだと言われています。
異常気象で特に雪が降らないのは、日本の国にとって大変なダメージかなとも。
急激なことへの対応の難しさを感じます。
ウイルス予防など、自分の身は自分で守るということで、しっかりと防御していきたい。
大型予算執行中の今年度も、残すところ2月になりました。
残された仕事には、充分な体制で取組み、職員と一緒に健康でこの時期を乗り切りたい。

在庁執務の一日になりました。

浪曲はこころのふるさと・・・

~玉川奈々福ライブ~ in東庄町
2020.2.29(土曜日)午後2時開演

<2019伊丹十三賞 受賞記念公演>

創作浪曲でブレイク!玉川奈々福さん。
皆様のご来場をお待ちしております!!

節分祭

2020/02/03

季節の変わり目。

日差しが暖かく感じる頃になり、明日は立春です。
朝の急な雨が少し心配になりましたが、静かな晴れの日になりました。

町内神社の節分祭にお招きをいただきました。
午後2時、東大社節分祭。

四方に矢を放ち、邪気払い・山崎議会議長。

午後6時半、諏訪大神節分祭。

神事、豆まきには、「出羽海部屋」の力士も参加。
地域の皆さんと一緒に、新しい一年間の無病息災を願いました。
境内には、子ども達のにぎやかな声が響き、多くの元気な皆さんにお会いでき嬉しかった。
人間は生きている。少しでも幸せな気持ちになれたら・・・。

決断力とリーダーシップが大事に!
明日からまた、頑張ります。

2月に・・・

2020/02/01

2月になりました。
久しぶりの深夜の緊急地震速報に驚きました。
風は少しあるが、快晴、清々しい日に。
昼間が少し長くなり、草木は、春の準備を始めています。
白梅開花。

そして、今年も全国に東庄苺をお届けしています❕

毎月第一土曜日・夕刻は、近所の同行付き合い。
仲間との会話は、いつも、子供の時代の思い出話に花が咲きます。
コミュニケーションが大事、明日からも、また、ガンバロウ!!と言う元気をもらいました。
貴重な休日に。
明日は、東庄町住民福祉大会開催。

1/30・笹川新橋夕景

令和2年1月末日に・・・

2020/01/31

1月もあっという間に末日になりました。
おかげさまで、新年行事が続きハードスケジュールでしたが、元気に前に進むことができました。

22日、16時半、国と町村の道路政策に関する意見交換会・懇親会に出席、全国町村会館宿泊。

23日、全国町村会館での会議の一日。
全国町村会正副会長会、全国自治協会理事会、全国町村会理事会、都道府県町村会正副会長交流会・意見交換交流会に出席、全国町村会館宿泊。
29日、地方公共団体情報システム機構代表者会議出席。
今年初の全国町村会館での会議にも出席をいたしました。

21日、町長職26年目のスタートを切りました。
町の新年度予算ヒアリングも行いました。
年齢を重ねていくと言う事、身近な周りの状況も変化していることを、益々感じられるようになりました。
とにかく元気に、いつも柔軟な対応ができるかということを考え、課題に対し、スムーズに素早く対応して行きたい。

何日か前に、NHKテレビ番組に創作浪曲でブレイク!浪曲師・玉川奈々福さん(東庄観光大使)が出演。「目の前にいるお客様が楽しんでくれることを目的としている」、奈々福さんの宝物は「縁」と言うことでした。
人が好き!これからもご縁を大事に、感謝の気持ちを込めて、仕事をして行きたい。

暖かいが、曇り空に雨も降り、お天気の変わりやすい1月でした。

箱根駅伝優勝報告

2020/01/17

桜・ソメイヨシノの開花は、東京が一番⁉と開花予想が発表されました。
昨日とは一変、寒い日になりました。
平成7年1月17日、午前5時46分・阪神淡路大震災から25年経過、町長職就任4日前のことであり、町長職も25年が経過いたしました。
暖冬、気候変動も心配になります。

午前中から東京に、午後1時半、全国市町村職員共済組合連合会関係会議に出席。
帰庁後、午後4時半、青山学院大学2年生・飯田貴之君の訪問を受け、「第96回 東京箱根間往復大学駅伝競争」の優勝報告をいただきました。

東庄中学校出身、青山学院大学に進み、箱根駅伝連続出場。
昨年は1年生ながら復路8区を走りチームに貢献、2年生の今年は往路5区を力走、往路優勝のテープを見事に切り、総合優勝に貢献されました。
テレビ観戦し、全力で前に進みタスキをつなぐ、日頃の汗が報われる姿に感動しました。
飯田君には、先日の東庄町成人式に同級生の皆さんと出席されていて、再会が叶いました。

サインもいただきました。
挑戦する気持ちがあふれる姿は、家族・親戚、地元の皆さんの希望です。
これからも、駅伝にかける熱い思い、自分の目指すものに向かって挑戦していってください。
ぜひとも、来年も応援したい!
ひとり一人の挑戦が、やがては町の発展につながる。皆の挑戦を応援していきたい!!

夕刻は、新年会に出席、若手職員たちと賑やかに楽しい時間を過ごさせていただきました。
やはり、良い意味での飲みニケーションも時には必要かも知れません・・・。

元気をもらい、ハードな一日が無事に終了いたしました。

1/16・黒部川風景

東庄町消防団消防出初式

2020/01/13

3連休最終日に・・・。

午前10時、公民館大ホールに於いて、ご来賓の皆様にご出席をいただき、東庄町消防団消防出初式挙行。

消防職、消防団の皆様には、日頃から消防・防災活動に尽力されていることに、敬意と感謝をいたします。
昨年は、様々な災害に見舞われた一年でありました。
9月の台風15号では、東庄町におきましても、家屋の倒壊や一部損壊、大規模停電が発生いたしました。
年々増加する災害に備え、危機管理体制の更なる充実を図ることが重要であり、併せて地域住民の防災意識の高揚及び知識の育成が必須であります。
公助、自助、共助を機能させることにより、町民が安全で、安心して暮らせる「東庄町」を目指して、より一層のご尽力を賜りますようお願い申し上げます。
皆様の更なるご活躍と、新しい一年が、災害のない希望に満ちた明るい年になりますよう心からご祈念申し上げます。

年頭にあたり、挨拶を申し上げました。

■アトラクション 纏演舞・新宿纏会

「支え合い とうのしょう」・・・東庄町らしく、町民が互いに思いやり、「おたがいさま」の心を持って支え合うことで、防災意識の高い町に!

式典終了後は、消防団、関係の皆様との祝賀会に出席をいたしました。

成人式、消防出初式と新春恒例行事を滞りなく終了することができました。
ありがとうございました。

東庄町成人式

2020/01/12

午前10時、公民館大ホールに於いて、令和2年東庄町成人式を挙行。

成人おめでとう!
令和2年、いよいよ今年は東京オリンピックが開催されます。
今回の競技種目である空手、私は、高校、大学と空手に打ち込む毎日でした。
空手道部の仲間と過ごした時間は大切な宝物であり、仲間とは今も良いお付合いをさせていただいております。
昨年は、災害の多い年でした。千葉県では、2つの台風と大雨に、甚大な被害を受けました。
皆さんの中にも、9年前の東日本大震災の記憶は、強く残っていると思います。
災害を乗り越えるため、災害から様々なことを学び、生きるための知恵を得てきました。
昨年の災害では、その知恵を活かし、乗り越えられたのではと思います。
私は、町長在任中に幾度も大きな災害に対応し、「自分の命は自分で守る」ということを学びました。
町は町民のため、最大限の力を尽くしますが、いざという時、災害に負けない、自分を守るのは自分自身です。それを、忘れないでください。
これから先、様々な困難に出会うことがあるかも知れません。
生きるための知恵と体力を養い、困難を乗り越えて行ってください。
私は、「すべては町民のために」という思いで、町民が主役となるまちづくりのため、挑戦を続けます。
皆さんには、ふるさと東庄町を愛し、若い力で新しい時代の元気な町を築いていただくことを期待しています。
ふるさと東庄は、いつも皆さんを応援しています。

主催者として、お祝いの言葉を述べさせていただきました。

■記念品・二十歳の自分におくるメッセージ贈呈

■アトラクション・東今泉鳴和会

多くの皆様と新成人のお祝いをさせていただき、「希望」の持てる晴れやかな日になりました。

午後は、「新春懇談会」に出席をいたしました。

■利根川河口堰

■利根川コジュリンこうえん

新年挨拶・・・

2020/01/07

松の内も最終日、七草です。
七草には、それぞれとても縁起の良い意味が込められていて、1月7日に七草を入れた粥を食べることで、無病息災を願ったといいます。

午前8時過ぎ自宅発、千葉市に向かいました。
日頃からお世話になっている千葉県町村会、千葉県国民健康保険団体連合会、千葉県市町村職員共済組合の職員の皆様に新年の挨拶をいたしました。

午前10時20分、県庁に。

森田知事、髙橋副知事、滝川副知事へ、年頭の挨拶をさせていただきました。

午前11時半、2020年の幕開けを祝う「新しい時代を開く千葉県民のつどい・新春賀詞交歓会」(千葉日報主催)に県内各界代表の皆様と共に出席をさせていただきました。
十二支最初の子年は、新しいことにチャレンジする年とのこと。
今年も一年、地域の発展のため、チャレンジ精神を持ち、信頼関係の中で仕事をさせていただけたらと思います。

新年の挨拶、行事が続きます・・・。
体調に気を付け元気に!!

岩田利雄プロフォール
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
アーカイブ