東庄町議会9月定例会閉会

2019/09/13

議会9月定例会最終日。
午後2時半、本会議開会。
冒頭、台風15号に関する挨拶をさせていただきました。

定例会には、議案8件及び認定8件を提案させていただきました。
すべての案件を原案どおり可決・認定をいただき、誠にありがとうございました。
また、本日をもちまして、第16代東庄町議会議員として最後の定例会が、つつがなく終了するわけでございます。
重責を果たされました皆様方のご苦労に対しまして、心より敬意を表しますとともに、これまで頂戴いたしましたご厚情に、厚くお礼を申しあげます。
この4年間を顧みますと、町は、議員各位のご理解とご協力により、さまざまな施策を進めることができました。
平成29年には過疎地域に指定されましたが、「過疎地域自立促進計画」を策定し、過疎対策事業債等を有効活用することにより、既存事業の拡大・新規事業の実施をすることができました。
教育の分野では、幼稚園の統合や小学校統合に向けた庁舎の大規模改修、給食センターの建設等、教育環境の整備・充実に向けた施策を展開することができました。
国に先駆けて実施した幼児教育・保育の無償化や、給食費の無償化等は子育てサービスの充実につながっているところです。
こうした成果は、議員各位のご理解とご協力の賜物であり、改めて感謝を申し上げる次第です。
引き続き、議会の協力をいただきながら、鋭意、まちづくりに努力してまいる所存ですので、今後とも一層のご支援とご指導を賜りますようお願い申し上げます。
皆様方のご健康と、さらなるご活躍を心よりご祈念申し上げます。
ありがとうございました。
閉会にあたり、挨拶をさせていただきました。
全員協議会には、台風15号の対応の詳細について、説明をさせていただきました。

千葉県は、台風15号の影響で停電した地域(41市町村)に、災害救助法を適用。
今回の停電による町の水道の断水がなかったことは、台地にある複数の水道タンクのおかげ、助かりました。
・・・とは言え、大きな被害がありました。
黒部川の酸欠による魚の大量死については、今朝、香取土木事務所との緊急打ち合せを行いました。
しっかりと対応し、復旧にあたります。
“ふるさと納税で災害支援金の受付を開始致しました”
東庄町へのご支援をよろしくお願いいたします。

ーーー

▪️白萩

▪️十五夜お月様

半袖では、肌寒いくらいの一日でした。

台風15号から5日・・・

2019/09/13

今回の台風15号により被災されました町民の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
最大風速(銚子)40.4m/s(9/9 AM7:01)
最大1時間雨量  43.5㎜ (9/9 AM7:00)
台風15号から5日目に。

大規模な停電は千葉県内で続いている。
倒木による電柱や電線への被害が想定を超え、作業規模が拡大し、復旧が遅れているとのこと。
東庄町でも9日の2,700軒からは減ったものの、完全復旧とはいかず、大変な思いをされている。
家屋の損壊や、倒木・土砂崩れ等による交通障害、農作物の被害、教育施設の破損など、町民生活に大きな影響が出ております。
48か所と倒木がすごい!

▪️倒木

▪️土砂崩れ

▪️中学校駐輪場

▪️魚類の大量死発生(9/11頃~)

9日午前7時に設置の災害対策本部は、10日午前8時に解散したものの、町公民館避難所は継続中。
罹災証明書の発行、ブルーシート配布。
携帯電話等充電スポット開設、炊飯器用電源提供、入浴施設開放、町所有給水タンク貸し出し等の停電対応。
災害ごみの対応、高齢者の見守り、災害支援ふるさと納税創設など、区長、民生委員、まちおこし隊ほか多くの方にご協力を頂きながら、力を合わせ対応対策に当たってきました。
情報収集、情報発信によりニーズに応えることが、不安の解消になり、見守り、助け合いが大事に。

午後1時半、防災対策室に於いて、台風15号の対応について臨時庁議開催。
一刻も早い復旧を目指し、職員一丸となって全力で対処してまいります。
東電の方が泊り込みで対応、多くの首長さん方からお見舞いをいただいております。
ありがとうございます。

台風15号直撃・・・

2019/09/09

8日午後10時50分発表
【東庄町】大雨警報(浸水害)を発表, 暴風警報は継続
強い台風15号は、未明に東京湾を北上、午前5時前に千葉市付近に上陸し、午前8時には茨城県沖に抜けました。
緊張感と共に朝に。

9日 午前5時18分発表
【東庄町】大雨警報(土砂災害、浸水害) 暴風警報は継続
午前7時 東庄町災害対策本部設置(防災対策室)
午前7時23分発表
【東庄町】洪水警報を発表, 大雨警報(土砂災害、浸水害) 暴風警報は継続
午前10時11分発表
【東庄町】洪水警報 暴風警報を解除, 大雨警報(土砂災害)は継続

水田も昨日から一転、稲わらが浮いて、ため池状態に、刈り入れの済んでいない稲が倒れ。
町内でも地域により差はあるが、凄い暴風雨でした。
午前7時に災害対策本部設置、自宅待機から登庁後は、職員からの各種報告の確認、被害状況などの報告を受けました。
幸い人的被害は、ありませんでしたが、朝方から町全体で2,700戸が停電。停電により自家水が利用できない世帯も。
家屋の一部損壊、倒木・土砂崩れ等による交通障害、農業関連施設、農作物等に被害がありました。

夕刻になっても停電は、復旧のめどが立っておらず、町公民館と保健福祉総合センターで、引き続き避難所を開設、停電により自家水が利用できない世帯は、町施設・役場の水道をご利用いただくなど、防災無線、防災ラジオ、防災メールから町民の皆さまにお知らせをいたしました。
荒木全国町村会長はじめ、各県の町村会長からは、お見舞いの電話をいただきました。有り難い・・・。
離れて暮らす娘からも心配する電話が。

隣近所同士、親戚の声かけ、助け合いが大事に。
力を合わせ対応、対策にあたります。
台風一過の暑い一日でした。

一刻も早い停電からの復旧を願っています。

強い台風15号接近・・・

2019/09/08

二十四節気の白露。

昨日は、夏の間頑張ったゴーヤーの緑のカーテンを取り外しました。

今夜から明日にかけての真夜中に接近する強い台風15号。

晴れて暑い日中の早い時間から備えと注意を呼びかけ、役場職員の防災体制を若手職員も含め、しっかりととりました。

午後1時 避難所の開設についてお知らせ

午後4時 台風の接近に伴う天候の急変に備え、「町公民館」と「保健福祉総合センター」に、避難所を開設。

午後4時30分 気象警報・暴風警報を発表 。
暴風や高波に警戒必要!
我が家のまわりも確認、片付け。
大きな災害が起こらない、被害が少しでも少なくすんでほしい。
これから、自宅待機の夜に。

議会9月定例会開会・・・

2019/09/03

9月になりました。
二百十日を過ぎ、秋らしさも増してきました。
日中は、曇り空に時々晴れ間も。

進むコメの収穫作業、農繁期です。

9月議会定例会の初日。
午前10時、本会議開会。

定例会には、執行部より、議案8件及び認定8件を提案させていただきました。
本定例会は、第16代東庄町議会議員として最後の定例会となります。
一般質問では、貴重なご意見をいただきました。

第一日目の日程終了。

9/2・午後7時10分 

9月は、月見の季節。
夕暮れの西の空、三日月が美しかった・・・。

8月末日に・・・

2019/08/31

8月末日、日中はとても暑かった。
自宅で過ごす土曜日になりました。

29日から、一泊二日、「千葉県町村長現地研修会」で、北海道白糠町を訪問いたしました。
8/29・1日目
北海道出発前に、羽田のホテルで千葉県町村会臨時会・政務調査会開催。

■第1回臨時会

「人事案件1件」を審議。

■政務調査会 総務・事業合同委員会

「令和2年度千葉県当初予算編成に関する要望事項」を審議、決定いたしました。9月10日に、改めて千葉県知事へ要請活動をいたします。
会議終了後、羽田空港から釧路空港に。
現地研修、千葉県町村長と共に白糠町を訪問。
白糠町内施設視察。

■町立庶路学園 

「ふるさとに誇りをもち地域と共に歩む学校」
地域の避難場所を兼ねた学校は、認定こども園から小中学校までが一体となった教育施設。
平成30年4月開校、0歳から15歳までの子どもたちが学ぶ。

津波対策でフルオープンの学校。
子どもたちみんなに、平等に 学ぶ機会を!
興味深くとても勉強になりました。

白糠町役場訪問。

■棚野町長挨拶

■訪問挨拶

訪問町村長を代表し、挨拶をさせていただきました。
「目指せ!子育て満足度№1の町しらぬか」
地方創生の様々な施策に取り組まれている棚野町長さんから貴重なお話をいただきました。

■棚野孝夫白糠町長(全国町村会会長代行・北海道町村会長)

役場庁舎は、畳の部屋もあり昔のまま・・・。
夕刻は、棚野町長、富田議会議長はじめ、白糠町の皆様を交えての有意義な情報交換となりました。

8/30・2日目

釧路市内視察。
昼食後、釧路空港へ。
午後6時半、無事に帰宅。
白糠町訪問の機会をいただきまして、ありがとうございました。
おかげさまで、大変実りある研修となりました。
お世話になりました。

多くの皆さんにご支援をいただき、お祭り、行事の多かった猛暑の8月を、乗り切れました。

■8/31・午後6時40分

静かな夕暮れに・・・。

9月庁議・・・

2019/08/28

風が強く涼しい朝に、季節が変わったことを実感。

秋雨前線南下、「線状降水帯」により、九州北部を中心に、記録的な大雨となり、特別警報発令。
午前6時半過ぎ、佐賀・福岡・長崎に大雨特別警報、3県に加えて熊本・大分・岩手・静岡に土砂災害警戒情報。
これまでに経験したことのないような大雨に見舞われた。

午前9時、9月庁議開催。
8月中は、町の行事やイベントが集中し、一番暑い時期の開催となり、大変ご苦労をかけました。
多くの職員の皆様方にご協力をいただき、ありがとうございました。
一段落してまいりましたが、夏の疲れが出たり、色々と大変だと思いますが、よろしくお願いをいたします。
朝のニュースで放映されていましたが、今、集中豪雨が起こりやすい、一晩のうちに一か月の何倍もの雨が降ってしまう、そういうような現象が起こりやすくなっています。
酷暑が過ぎホッとしているが、これから特に雨の多い時期になり、色々な面で注意が必要になると思います。
また、秋口は台風シーズンでもあります。
職員の皆様方には、災害は常にあり得るということで気構えをしていただき、対応、待機の仕方を含めて備えをしっかりとしていただきたい。

国・県の来年度の予算ヒアリング時期、これから、来年度予算の関係で申請・要望をしていきたい。
町として、特に、教育の面で来年の4月を目指し、事業を行っておりますが、きちっとした形で完成させたいと思っております。
夏バテをしやすい時期、職員の皆様方には、有給休暇等取得していただければと思います。
管理職の皆様方には、職員の管理をよろしくお願いいたします。

・・・庁議の始めに挨拶をいたしました。

庁議に続いて課長会議開催。
9月定例議会(9/3-9/13)の打合せをいたしました。
在庁執務の一日になりました。

処暑を過ぎ、日が短くなり、夜風が涼しい。

24日・土曜日、今年も栄町「SAKAEリバーサイド・フェスティバル」にお招きをいただき、楽しい時間を過ごさせていただきました。
岡田栄町長さんには、東庄ポーク&ビア夏祭りにもお越しいただきました。
ありがとうございました。

香取おみがわ医療センター竣工式

2019/08/23

午前9時半、香取おみがわ医療センターの竣工式・内覧会に出席をいたしました。
関係出席者は、約150人。

■テープカット

香取市東庄町病院組合運営の国保小見川総合病院は、香取市が運営する「香取おみがわ医療センター」として竣工、新たにオープンします。

新病院では、外来を1階に集約し、診察室の近くに検査部門を配置し、患者の移動の負担を軽減、効率的な診療環境を実現。
9月1日に開院、3日から外来診療開始となります。
高齢化が進む中、地域住民のみなさんが安心して暮らせるよう、地域医療の充実と発展に貢献されることをご祈念申し上げます。

国保東庄病院も、地域住民が安心できる医療体制により、地域に密着した病院として、これまで以上に地域の皆さまに信頼され愛される病院を目指します。
思いを新たにいたしました。

午後1時45分、多古町コミュニティプラザでの香取郡市町議会議員研修大会に出席をいたしました。

席上、東庄町から4名の議員さんが、香取郡市町議会議長会会長表彰を受賞されました。おめでとうございます。
研修のテーマは、「歴史エンターテインメントと地域おこし」でした。
「住む人たちのために」、一緒に頑張っていきましょう!
夕刻は、地元での議員さん方との懇談会に出席をいたしました。

二十四節気の処暑に。
少し動くと暑いが、朝夕は、涼しい風が吹きました。
涼風に風鈴の音も心地良い・・・。

全国市町村振興協会助成金審議委員会助成事業視察

2019/08/22

昨日から一泊二日、富山市に行ってまいりました。

久しぶりの、富山市は、二日間とも雨になりました。
全国市町村振興協会助成金審議委員会助成事業現地視察での訪問でした。
コンピュータ一括管理システム導入に関して説明を頂きましたが、「大変な時代になった」というのが実感でした・・・。
コンピュータシステムに関しては、持ち物は一切、持ち込み禁止でした。

複合ビル『TOYAMAキラリ』の中に富山市ガラス美術館と富山市立図書館本館が併設。

ガラス美術館内でカメラに。
見聞を広めることができ、有意義な時間を過ごさせていただきました。お世話になりました。

東京泊も含め三日間の出張から夕刻に帰宅。
さすがに疲れはありますが、一昨夕に、秋雨前線の影響による土砂降りの雨が降ったということで、一気に秋らしくなったように感じました。
秋の虫の声も聞こえてきて、静かな夜に。

過疎新法制定に関する要望活動

2019/08/20

午後は、永田町・議員会館に。
千葉県内の過疎指定市町村から石井 裕南房総市長、土屋 元勝浦市長、白石治和鋸南町長、小柴祥司鴨川副市長と共に関係国会議員、総務省への現行過疎法失効後の新たな過疎法の制定を求める要望活動を行いました。

■石田真敏総務大臣

■浜田靖一衆議院議員との歓談

■谷 公一自民党過疎対策特別委員会委員長

「過疎地域自立促進特別措置法」が令和3年3月末に期限を迎えます。
過疎指定地域が持続可能な地域づくり、活力と魅力ある地域として維持していくため、国におかれては、引き続き、過疎地域の活性化に向けた対策を講じられるよう要望いたしました。
 
全国町村会館に宿泊。
明日から一泊二日、全国市町村振興協会助成金審議委員会助成事業視察のため、富山県に行ってまいります。

岩田利雄プロフォール
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
アーカイブ