退職者送別式=多目的​ホール=

6名の職員に退職辞令を交付し、送別式を行いました。

3月をもって退職をされる6人の皆さんの送別式にあたり、東庄町を代表して、感謝の言葉を申し上げます。
皆さんには、それぞれ長い間、東庄町に勤務され、町の発展にご尽力をいただきました。
そのご労苦に心から敬意を表し、お礼申し上げます。

町は、3月11日、14時46分と15時16分に発生した2度の今まで経験したことのない大地震による災害対応に追われ、皆さんのこれまでの労をねぎらう機会もないまま、今日の日を迎えた訳であります。
行政として災害時の緊急対応には一致団結、連携によるすばやい対応対策が大事であり、町民の命を守らなければなりませんし、守ることがつとめであります。
そういう意味でも皆さんには、退職をされる日まで、ご尽力をいただきました。

「生涯現役」という言葉があります。意味は、生涯現役で働き続けるということではなく、生涯現役で生きて行くという事です。
それは、生涯に渡って自分の望む方法で、社会との関わりを持って生きていくことです。
自分の命、そして人を大切に、持っている能力を発揮し、前向きに明るく、これからも社会の役に立つ存在として、人から感謝される道を歩んで行ってほしいと思います。

これまでの人生の大きな部分を、町の職員として、ふるさと東庄町を創ってくれたことに、感謝するとともに、これからも、それぞれの立場で、すばらしいふるさとを創る一員として活動していただきたいと思います。

まずは、ゆっくり疲れをとって、そしてこれからの第2の人生を「自分が主役」となり、謳歌してください。
皆さんの「これからの人生」にエールを送り、ご健康とご多幸を心からご祈念申し上げ、挨拶とさせていただきます。
長い間ありがとうございました。

◆町では、今も、災害対策本部を設置中です。
時折、ビクッとする余震もあります。
退職の日、午後3時からの送別式の少し前まで防災服を着て、仕事をしていただきました。
本当に大変な平成23年3月でした。
そしていろいろな意味で心に残る3月31日となりました。

岩田利雄プロフォール
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
アーカイブ