詩集発刊お祝いの会

29日、午後5時より香取市貝塚・高橋鮮魚店で旧神代中学校、昭和36年度卒業生から昭和47年度卒業生までの教え子たち84名が集まり開かれた、藤岡弘文先生の詩集発刊お祝いの会にお招きをいただきました。

■旧神代中学校の教え子たちと一緒に作った詩集

■藤岡弘文先生よりお礼のことば

腰を痛めて辛そうだったにもかかわらず、先生の笑顔が印象的でした。
「皆さんに感謝。すでに人生の後半への道、何とか人さまに迷惑をかけないよう、今の自分をしっかり受け止め、それなりに努力して、次なる目標に向かって精進したい。」と、感激とともにお礼の挨拶をされました。

■祝辞を述べさせていただきました

詩集の発刊、おめでとうございます。
教え子たちと作ったということに意義があると思います。
そして今日のお祝い会には、町の内外より大勢の教え子たちが集まり、町の要職について町を支えてくれている方も大勢います。
先生は、教師冥利につき幸せ者だなーと思います。
・・・私は、教師をめざしたこともありましたが、向いていないということで断念しました。
「きびしいけどやさしい」、そんな先生の有難さが、歳を重ねて来てわかったのだと思います。
ホッと安らぐ時間や人と人とのつながりが大切です。
これからも教師と生徒として絆が続くこと、しあわせをお祈りいたします。

お祝いの席には、お酒が付き物。
お酒が入ると、ついつい一生懸命に・・・。

心がホッとし、楽しいお祝いの会でした。

岩田利雄プロフォール
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
アーカイブ