東庄町議会3月定例会​閉会

本定例会には、諮問1件、同意1件、議案23件を提案させていただきました。
おかげさまで、平成24年度の予算議会ということで、慎重なるご審議をいただき、すべての案件を原案どおり可決いただきました。
会期中に、頂戴したご意見、ご提言につきましては、鋭意、検討し、町政に反映するよう努めてまいります。

平成24年度は第5次総合計画の中間の年度であるとともに、後期基本計画がスタートする、節目の年度にあたります。
総合計画は、町の基本理念であり、予算は実施計画を反映したものであります。
これを的確に執行することにより、基本理念に近づけるものと考えます。

これからも、安心、安全の確保、地域医療の充実、健康づくりの推進、農業をはじめとする産業の振興、道路網の整備、そして教育環境の整備充実、等々、「躍動・連携・地域力」をテーマに、行政と議会、そして、町民の方々の「協働」の力をお借りしながら、地域と一体となって、活力あるまちづくりに向け、取り組んでまいります。

議員各位には、尚一層のご指導ご支援を賜りますよう、お願い申し上げるとともに、益々のご活躍をご祈念申し上げます。

閉会にあたり、あいさつをさせていただきました。

今朝の新聞一面に・・・「子ども手当」が「児童手当」に代わるとありました。
末端自治体として、どちらの名称でも予算のばらまきには、理解できないものがあります。
良いものは良い、悪いものは悪い。
きちんとした国民のための制度にしていっていただきたい。

岩田利雄プロフォール
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ