我が家の鏡開き

今日は鏡開き。

日付が替わった午前0時過ぎ、神棚から正月に供えた鏡餅を下げてくずし、1時過ぎに寝ました。
我が家の男手で、ずっと続けていることの一つです。

くずした餅をお汁粉に入れて食べました。
お汁粉は、小豆の煮たのと残しておいた虎屋の羊羹三分の一で作りました。
「無病息災」今年も健康で元気に!仕事をしていけたらと思います。

■50年前に亡くなった父親の遺したラジオ

神棚に今でも置いてあるラジオ。
子どもの頃、このラジオからは、父親の好きだった歌謡曲や浪曲がいつもながれていました。
 ~浪曲は心のふるさと~
そしてもう一つは、私が愛用していた福助の貯金箱。
小遣いをあまり使わずに貯めていました。

岩田利雄プロフォール
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
アーカイブ