令和4年度スタート

晴れ曇り、昨日との気温差が大きく、少し寒さを感じる日に。

不安定な天気にも桜の開花、うぐいすの声、日一日と昼が長くなり、いよいよ、春だなと感じます。

新年度のスタートに当たり、副町長、教育長、職員へ辞令交付を行いました。

新規採用職員、再任用職員を含め、新しい体制でのスタート。

コロナ禍の丸2年間は、職場のコミュニケーションも大分変わってきたように思います。
如何に、人と人との結びつきの中で、仕事を上手にこなしていくかということも、知恵だと思います。順調に行くようにお互いに協力し合い、仕事をしていただきたい。
新型コロナウイルス感染症の収束まで、お互いに気を付けましょう。
役場の仕事は、町民の福祉であり、私たちは、町民一人一人のために仕事をするということです。
今後とも、町を大事にする、人を大事にするということで、信頼をいただき、その信頼にこたえて、仕事をしてまいりたい。
町づくりは、人づくりです。
この町に生まれて良かった、という思いが、今も私を奮い立たせてくれています。
東庄町のことは東庄町で解決していくという気持ちで、これからも進んでいただきたい。
困難なこともあるかと思いますが、みなさんの努力が実を結ぶ時が来ると、私は信じております。
「すべては 町民のために」令和4年度、一緒に頑張って仕事をしていきましょう。
年度の始めに、所感を申し上げました。

午後1時半、4月庁議開催。

新体制でのスタートです。
先般、千葉県町村会100周年記念式典が行われたところですが、現在の町村数は17町村です。全国の大会も、昨年行われましたが、今まで通りやっていこうということでの、認識を新たにしたところです。
基本的には、行政そのものが大きくても小さくても、やるべき仕事は同じです。
住民の方々のより良い生活、レベルアップを目指し、これからも、全力で取り組んでいただきたいと思います。
新しく担当になった課長、担当者をよろしくお願いいたします。
わからないこと、戸惑うこともあるかと思いますが、繋がりの中で、素直に聞いていただいて、進めるべきところは、進めていただきたい。
庁議に於いては、何でも言えるということが、一つの特徴かなと思っております。
基本的には、認識を共有するということも大事です。
わからないことがあれば、この場で聞いていただき、オープンな形式で進めていきたい。よろしくお願い申し上げます。
庁議の始めに挨拶をいたしました。

主な議題は、令和3年度指定事務事業(3月末現在)執行状況について、令和4年度予算について、令和4年度指定事務事業(案)の選定について等。

来客も多く、慌ただしい一日になりました。

体調管理をしっかりとし、元気発進!

岩田利雄プロフォール
2022年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
アーカイブ