仕事納め・・・

町長選挙も無事に済み、今年も残すところあとわずかとなりました。

▪️友人からのお祝い

・・・一年を振り返る時期に。

午後4時、多目的ホールに於いて2018年の仕事納め。
世相を表す師走恒例の「今年の漢字」、平成最後となる今年は「災」に決まりました。
北海道胆振東部地震、大阪府北部地震、島根県西部地震、西日本豪雨、台風21号、24号の直撃、記録的猛暑など、自然「災」害の脅威を痛感した一年でした。
大きな災害、被害状況は、今、即座にテレビなどのニュースとして入ってきます。
町でも避難命令を出しました。いかにして迅速に避難させるかということも大事なことだと思っております。
災害はいつ何時やってくるかわかりません。今後とも状況判断の下、町民一人一人の命を守るために誘導、適切な指導をしていただければと思います。
災害に限らず、事が起きた時の対応対策が大事であります。
町は今年、待機児童を起こしました。
来年4月からは待機児童ゼロを目指して仕事を進めていくところです。
保育料、幼稚園の関係を無償化するということで、国に先駆けて、町は単独でも4月から実施したい。
当たり前のことをやっていては後れを取ってしまう時代です。
過疎指定は受けましたが、小さな町が元気なところを見せたいなと思っております。
今、職員の皆様方の力が大事であります。
災害に強い国というのは、ただ強いのではありません。
災害に人が強い、人が強いということは対応対策ができているということ、また人を避難させること、それが力だと思います。
いつでも一丸となって事に当たることが大事です。
この一年を振り返ると、「災いを転じて福となす」という言葉があります。そういう意味では町は良い教訓を得たなと。
来年は、大変な一年になるが、今年の状況下を糧にしたい、同じような間違いはしないよう、町としては十分な対応をしていきたい。
これからも職員同士、コミュニケーションを図りながら、連携を取りながら、仕事に当たっていただければと思います。
一年間の職員の皆さんのご労苦に感謝を申し上げます。
年末年始、健康に留意し、家族と共に楽しく元気に過ごしてほしい。

挨拶を申し上げました。


  
夕刻は、少人数での忘年会に出席。

おかみさんから、お祝いの花束を頂戴しました。
お互いの労苦をねぎらい一年無事に過ごせたことに感謝をいたしました。

さすがに底冷えのする夜でした。

岩田利雄プロフォール
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
アーカイブ