行政協力員まちづくり会議

各地で災害レベルの猛暑に。

雨が降ったおかげか、暑さが少しやわらいだと感じたら、週末に上陸する恐れがあるという台風12号の影響がとても心配になる。

午後7時、第2回行政協力員まちづくり会議を開催。

今年は、大変早い梅雨明けとなり、今日まで、熱中症の救急搬送者が連日のように報道される猛暑となっております。

6月末に発生した台風7号と梅雨前線により、「平成30年7月豪雨」と呼ばれる、まさに未曾有の大規模な水害、土砂災害が発生したところであります。
甚大な被害を受けた広島、岡山の両県を中心に、15府県にわたる死者・行方不明者は約230人、避難者数は約4500人に上っております。

今回の災害は、水環境に恵まれた我々の住む東庄町にとっても、他人事ではありません。
町は、イザというときの災害対策には全力で取り組みますが、大規模な災害が発生すると、町の力だけではいずれ限界を迎えます。
その次には、住民同士の助け合いや、地域同士の連携が重要になります。
災害の状況によっては、地元の情報を一番よく知る各区長の皆さんにお願い事をすることがあるかも知れません。
そのときには、無理のない範囲で、ご協力いただきますよう、お願いをしたいと思います。

皆さんにおかれましては、今後の気象情報に注意して、体調管理に万全の備えをしていただければと思います。
本日の会議が、有意義な会議になることを祈念いたします。

会議のはじめに挨拶をさせていただきました。

議事では、青馬の交差点・北ルートについての前回からの経過、区の運営に関するアンケートの集計結果について報告。
意見要望提言では、交通安全について、県道国道の安全対策が話題となり、活発な意見交換をいただきました。
町で対応できる道路ではないとは言え、区長さん方の安全意識と関心の高さが伺えました。

各課からの連絡をさせていただきました。

行政協力員の皆様には、地元の祭礼等でご多忙のところ、多数のご出席をいただきまして、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いをいたします。

週末には、祭礼も。
災害に対する早目の備えが必要!!

庁舎緑のカーテン

緑のカーテンにとっても酷暑。
管理は大変だが、東日本大震災の年から省エネと始めた緑のカーテン。
屋上まで届いてほしい・・・。

岩田利雄プロフォール
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ