救急医療情報キットを​無料配布

東庄町では、災害発生時、高齢や障害などにより、自分一人で非難することが困難な方を支援するため、要援護者ネットワーク台帳を作成しています。
民生委員・児童委員さん方に該当世帯に救急医療情報キットの説明と合わせ訪問していただきました。
8月3日現在、890名の方の申し込みがありました。
救急医療情報キットを冷蔵庫に保管していただき、民生委員・児童委員、必要に応じて消防署、区・自治会などと情報を共有します。

協力・連携のもと65歳以上でひとり暮らしの方や高齢者世帯、介護の必要な方など要援護者の支援をしていきたい。

―――
桁沼耕地の稲穂

早い水田では、今月の中旬過ぎに稲刈りが始まります。

岩田利雄プロフォール
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ